banner

沿 革

・1915年8月(大正4年)
岡田螺子製作所として創立。大阪市に本社、工場を置き大小工作機械、産業機械用親ねじの専門メーカー   としてスタート

・1940年(昭和15年)
恒温による品質安定化を図るため地下機械工場を設置。

・1974年(昭和49年)
ボールねじの製作をスタート。以降、精密送り機構を通しNC工作機械の発展に寄与。
また、品質の向上、生産の合理化、拡張を図るため、手狭になった大阪工場を美原町(現在、堺市美原区)に移転。
同時に工場内には高品質対応の為、恒温恒湿工場を地下に設置

・1975年(昭和50年)
社名を工場所在地の美原に因み、美原精工株式会社 に変更

・1978年(昭和53年)
当時世界最大の直径300mm、長さ16mの一般産業用超大型ボールねじを製作。
昭和50年代以降、産業界の多様化ニーズ、高精度化、効率化の対応を図るため、NC旋盤、マシニングセンタ、NC研削盤等 NC設備を順次増強。

・1990年(平成2年)
設計部門にCADシステム導入

・1995年(平成7年)
製造、生産管理部門に生産管理システム導入

・2005年(平成17年)
製品精度の維持向上と多様化している顧客ニーズに対応する為、NC加工ラインの整備とねじ研磨機のレトロフィットを実施

Copyright(c) 2014 美原精工 株式会社 All Rights Reserved.